スタンリー・キューブリック展行路~エピローグ&SPECIAL THANKS~

Category : スタンリー・キューブリック展に行ってきた2013 inロサンゼルス(´▽`)ノ
日本時間00:35、
自宅に到着し旅の全行程を終えました。

今日はアメリカ時間1/21(月)11:55の便に搭乗、
約11時間後の日本時間1/22(火)16:45に成田、
その後国内線と高速バス、タクシーを乗り継ぎ帰宅です。

かなりドン引きされると思いますが、高速バスを降りてiPodをシャッフル再生すると不意に「バリー・リンドン 愛のテーマ」が流れてきてぽろぽろ泣いてしまいました。あの場にまだまだ居続けたかった…π_π。iPod氏はこの曲を確信犯的に流したに違いありません。

さて、会場では感動ばかりが押し寄せ、朝から晩まで絶えることない人出を見るだけで感慨深いものでした。来場している層は驚くほど広く、カップル連れ、家族連れ、ご年配の方、ひとり、集団、10代の女性がひとり黙々と展示品を読み込んでいる様子なども決して珍しい光景ではありません。言語や国籍、肌の色も問わず、方々の口々からは作品タイトルが飛び交い、映像ライブラリが流される箇所では必ず何名もの人が足を止め、そしてとても真摯的な態度で観覧されていたのが印象的です。平日土日と足を運びましたが、8ヶ月間に渡る展示会がこの状況。映画先進国としての凄さなんでしょうか。これらすべてがスタンリー・キューブリックという故人へ向けられた興味・探求・敬意なんだと思うと、目にするだけ、考えるだけで胸が熱くなりました。

ロサンゼルスでの開催は2013年6月30日まで続きます。
この熱が少しでも日本へ届き、近い将来の日本開催を切に祈ります。
夢のような、一生涯忘れることのない素晴らしい体験でした。

そして絶対ブログに登場させないつもりだった、こじかなる人物の勇姿を。今後バリーを観た時には少しでも思い出してあげて下さい。その画面上に映るバリーの眼前にこじかが立ち尽くし〈時を経て〉共演したという迷惑なパラドックスを。
IMG_0650.jpg


―SPECIAL THANKS—

LACMAサイト等を翻訳確認してくれたKO氏、
可愛らしいキャリーバッグを貸して下さったMN氏、
渡航中に業務メールを小まめに転送してくれたYN氏、
カメラのレンズを貸してくれたKY氏、
カメラを貸してくれたSY氏、
英会話の本をくれたMO氏、
思いがけない餞別をくれた親族一同、
LACMA、
日本航空、
エクスペディア、
Wilshire Crest Hotel、
Sheraton Gateway Hotel、
Hertz Rent A Car、
Warner Bros VIP Tour、
旅で出会ったたくさんの方々、

このブログを閲覧してくださった皆様、

and Stanley Kubrick

※このブログの存在、身内は誰も知らないけど※

-------------ありがとう!!!


●<「バリー・リンドン 愛のテーマ/アイルランドの女」:YouTube

スタンリー・キューブリック展行路〜帰国報告〜

Category : スタンリー・キューブリック展に行ってきた2013 inロサンゼルス(´▽`)ノ
なかなかWi-Fiエリアがなくって更新できず…。
さきほど無事に成田へ降り立ちました(^-^)
IMG_2576.jpg
昨日はスタンリー・キューブリック展訪問の
記念にと「ナポレオン」を購入してしまい、

キャリーバッグの1/4ほどあるボリュームに
泣いております(嬉しさ寂しさ重さ)。

とにかく最高の日々でした。

スタンリー・キューブリック展行路~帰国の日~

Category : スタンリー・キューブリック展に行ってきた2013 inロサンゼルス(´▽`)ノ
※事後投稿分※

滞在4日目、帰りの朝。

朝ご飯は有料らしく、と言うか朝起きるのが遅かったためシェラトンゲートウェイホテルが運行している無料の空港行きシャトルバスにそのまま乗車。ホテルの車寄せ横にバス停があり、旅行者の方がたくさん居たので迷う事はなかった。乗車前に運転手さんがひとり一人どこで降りるかを尋ねてくれて安心。
IMG_2581.jpg IMG_2586.jpg
飛行場に到着。出発口にはお土産屋さんや免税店が多数。飛行機出発まで余裕があったので、搭乗口横のカフェ&カウンターバーで朝食兼昼食。危うくチップを忘れる寸前、ここもまだ米国なのだ。
DSC01987.jpg DSC01995.jpg
帰路はアメリカ~カナダ上空を飛行しておりその広大さに驚く。果てしなく続く巨大な雪山群は「生きてこそ」のあのシーンを彷彿とさせ戦慄。上記写真以降、地上を見下ろすと真っ白になってしまった。飛行機の中ではスタンリー・キューブリック展の写真をひたすら見返し、「スタンリー・キューブリック ライフ・イン・ピクチャーズ」を鑑賞。真横の席が空席で助かった、またぽろぽろ泣いた。涙腺ゆるすぎ。
DSC01992.jpg IMG_2588.jpg
少し寝た後に機内食。夕飯なのかな、既に時間設定がわかんなくなってる。朝からずっとお酒がお供。

スタンリー・キューブリック展~LACMA3日目~

Category : スタンリー・キューブリック展に行ってきた2013 inロサンゼルス(´▽`)ノ
※事後投稿分※

米国時間1/20(日)、
畏まってスタンリー・キューブリック展3日目。
IMG_0530.jpg IMG_0355.jpg
訪問最終日という事で、基本的には写真撮影を行わずに
細かいディティールや読めないはずの英語へ目を落とし
(名前と映画用語を頼りに案外理解できたりする)、
ひたすらひたすら噛み締めました。
IMG_0435.jpg IMG_0606.jpg
IMG_0583.jpg IMG_0502.jpg
※左上から時計、博士、2001、アイズ、シャイニング、バリー。※時計のコスチューム、博士の模型、シャイニングの紙以外は全て実際の撮影で使用された物。

挙動不審なわたし、
初日こそ目線が合うたびスタッフさんから
斜め後ろあたりをマークされるという洗礼を感じたけど、

カメラを抱えて連日居座る異邦人へ
最終日には「Hi」と言ってくれた。
ちょっとうれしかった。
IMG_0328_20130127185721.jpg
それにしてもさみしい。

帰り際、
夜になったキューブリック展のエントランスを振り返ると、
もうここへ来ることもないのかと無性にさみしくなった。
LACMAは日曜の夜もまだまだ賑わってる。
IMG_0663.jpg IMG_0658.jpg
スーパーでお土産を買った後
ジェットコースターみたいなフリーウェイにビビりながら、
寝坊が心配だからと飛行場近くにとったシェラトンゲートウェイホテルへ。
DSC01967.jpg DSC01974.jpg

完全燃焼。

スタンリー・キューブリック展行路〜グリフィス天文台&ウォーク・オブ・フェイム〜

Category : スタンリー・キューブリック展に行ってきた2013 inロサンゼルス(´▽`)ノ
※事後投稿分※

滞在3日目レンタカーの午後。
やってきました展望所=グリフィス天文台。
IMG_0702.jpg
こちらはご存知ジェームズ・ディーン主演、ニコラス・レイ監督作品「理由なき反抗」の場所。ディーンの胸像(左の画像の右側に居るよ^^:)もございます。近隣の山道は路駐の嵐でこじかもクルマを止めて(片道5〜10分程度)歩きました。一応ハリウッドサインも見えてお得なスポット。しかし何と言っても一番驚いたのが真ん中画像の右下……アメリカティーン、こんなに人がごった返す聖地でお腹をハダケさせ日光浴!おいマジか!恐るべき理由なき反抗。
IMG_0711.jpg IMG_0709.jpg IMG_0696.jpg
って事ですぐに退散。でウロウロしてるとパラマウント映画さん発見。パラマウントさんもスタジオツアーを開催されてます。ハリウッドサインも見えます。てかLAは道がまっすぐなのでどこからでも見えます。
DSC01952.jpg DSC01963.jpg DSC01959.jpg
で、次いで訪れたのがハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム。星形がハンパなく埋め込まれており誰も見ておりません。ちなみに駐車場はご心配なく。ここら近辺には「パブリックパーキング」って英語で書かれた民営駐車場が至る所に。そして星を辿り歩けば手形で有名なチャイニーズシアター。
DSC01957.jpg DSC01956.jpg DSC01958.jpg
sptk.jpg jack_20130127172724.jpg hm.jpg
配置図をWEBで事前チェックして来たので、スタンリー・キューブリック組だけそそくさと確認。上記は左からスパルタカスことカーク・ダグラス、ジャック・トランスことジャック・ニコルソン、そしてハンバート・ハンバートことジェームズ・メイスン。「ロォリィータァ!」の声が聴こえてきそう。
せっかくなので手形・星形のサイト↓ 他、探せば色々出てきます。
●<手形マップ:seeing-stars.com
●<星形マップ:seeing-stars.com
●<星形マップ:latimes.com
IMG_0184.jpg
そして行きます、スタンリー・キューブリック展。
車はそのためにある、たわけ。(←博士ネタより)

プロフィール

こじか

Author:こじか
こんにちは。邦画洋画を問わず映画ファンである以上に、スタンリー・キューブリックファンであるこじかです。わたくし自身が極めて神経質なネタバレ嫌いのため、作品への記述・画像にも同様の配慮を図り、映画論評も書かないスタンスで進めます。のんびりポジティブに。その他、好きなものも極たまに登場。よろしくお願いします。

スタンリー・キューブリック

投稿タイトルリスト ( ∞ )

↑「月別」表示のみ古い順から閲覧可↑

test

最新コメント

コメントありがとうございます

こじかの諸々

最新トラックバック

キューブリックLINK

こじかのオールスター

スタンリー・キューブリック
今村昌平
岡本喜八
成瀬巳喜男
増村保造
森田芳光
バスター・キートン
ウディ・アレン
ロバート・アルトマン
ミロシュ・フォアマン
ラース・フォン・トリアー
ジェームズ・キャメロン
ポール・バーホーベン
※何でも観ますが大嗜好はユーモア重視。

POLYSICS
DEVO
Perfume
有頂天
P-MODEL
ヒカシュー
戸川純
沢田研二
キャンディーズ
※ニューウェーブとテクノポップ、歌謡曲が好きです。

千秋
緒川たまき
※以上に千秋好き。

ドリフ
金八
MMA
Nikon FE
※この辺熱くなります。

ゴジラ
※元オタク。

(順不同)