スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フルメタル・ジャケット」25周年記念エディションBlu-ray発売【日本】

Category : スタンリー・キューブリックのDVD・BD
いよいよ日本でも発売される模様、「フルメタル・ジャケット(1987年)」の25周年記念ブルーレイ。
スクリーンショット 2012-09-24 1.32.51 スクリーンショット 2012-09-24 1.33.29
初回限定生産の2枚組として2012年12月5日発売です。が、本編ディスクのみブルーレイで特典ディスク(ドキュメンタリー)はDVDなんですって。また、Amazonのレビューでもお叱り入ってますけど画面サイズは例の如く、スタンリー・キューブリックの意向を汲んだサイズではないとのこと。この件、わたしはもう…ね、諦めちゃいました(泣)。尚、収録内容は基本的にはこちら⇒●<「フルメタル・ジャケット」25周年記念ブルーレイ発売【海外】>の投稿と同じ様なので割愛します。
●<フルメタル・ジャケット 製作25周年記念エディション:Amazon

少し話しは逸れますが、テレビのワイド化が進んでもうどれくらいになるだろう。いまだに4:3比率のテレビ規格へ統一し直してくれないかなぁなんて思います。わたしは35mm判のフィルムカメラ愛用者だったのでいまだに4:2の写真比率が好き、やっぱガチッとハマると言うか。最近デジカメのデフォルト画面がワイドだったりするのでハッキリ言って撮りづらい…面食らいます。
キューブリックの作品についても写真家あがりの監督さんだからこそ、その画面フォーマットへのこだわりも叶えてあげて欲しいな。構図の作り方ってだけではなく、総合芸術としてとうぜん意図が隠されているわけですから。
スポンサーサイト

スタンリー・キューブリック初監督作品「恐怖と欲望」Blu-ray&DVD化【海外】

Category : スタンリー・キューブリックのDVD・BD
遂にきましたよこの情報! フォロー遅れてすみません、、、
Fear  Desire
以前こちら⇒○<スタンリー・キューブリック「恐怖と欲望」他ドキュメンタリー作品等4作品ブルーレイ化?!>の投稿で触れました件、遂に販売元から公式プレスリリースが掲出されました。名前の挙がっていたKino Lorber社によるもので、既に海外サイトではいくつもの報道が成されています。例の如く翻訳機能を介して読みましたところ、アメリカ議会図書館/Library of Congressの所蔵物を使用し、関連のオーディオビジュアル保管センター:パッカードキャンパスにて高画質デジタル化を施したとの事。ちなみにこの博物館、蔵書数・予算額・職員数など全てにおいて世界最大というアメリカ国立の図書館なんだとか。リリースには図書館とKino Lorber社それぞれによる自信ありげなコメントも紹介されています。解禁日はBlu-ray&DVD共に2012年10月23日!気が付けば既に海外AmazonへもUPされてる。 日本の市場にも入ってくるのか??はたまたリージョンフリーなのか??いずれにせよ期が迫りつつあるこの興奮…!!! 尚、併せて噂になっていた初期ドキュメンタリー監督作品を交えたDVD-BOX、という件には追加情報がありませんでした。だけどこの流れだとこちらも実現するかもね!!?
●<「恐怖と欲望」:Kino Lorber公式HPプレスリリース
●<「恐怖と欲望」ソフト頁:Kino Lorber公式HP
●<Kino Lorber公式HP
●<「恐怖と欲望」:Amazon
●<「恐怖と欲望」報道:海外Hollywoodreporter.com
●<「恐怖と欲望」報道:海外/Film.com
●<「恐怖と欲望」報道:海外MovieCityNews.com

で、ここからは(ネタバレ的に)ご注意いただきたいのですが、
Kino Lorber社名義(?)で早速Blu-ray&DVD化予告動画が挙がっておりました。
超神経質ネタバレ避け能力で世界最高峰を自負するこじかは当然観ておりません、が、、、投稿のためにと薄目で“冒頭1秒”と“ラスト3秒”だけ拝みました(特別だよ今日は^^。)すると!!!画質めちゃキレイ!!!(⇒冒頭1秒で確認)。さらにラスト3秒にDVDリリースって字幕入ってた。。。以上。ビジュアルショックネタバレとか関係ねいって方はどうぞ↓ キューブリック映像は視覚×脳裏へ焼き付くので、本編鑑賞前にはあまりお勧めしません…(本編鑑賞は発売を待つしかありませんが)。

●<fear and desire trailer v2:YouTube

で、これら駄文は読まれないと思うので、いつもの情報まとめ↓
■スタンリー・キューブリック監督処女作品
 「恐怖と欲望(1953年)」Blu-ray&DVD化。
■2012年10月23日発売。
■発表されたジャケットは上記画像。
■Kino Lorber社が販売。
■アメリカ議会図書館により高画質デジタル化。
■日本での発売は不明。(てかたぶん当面予定ないでしょう…)。
■リージョン:DVDは1(米国&カナダ)、Blu-rayはフリーである様子。
■アスペクト:1.33:1
■予定されていた(?)ドキュメンタリー作品の発売は現・不明。

一応くどくど言っておきますが、生前のキューブリックはこの作品をフィルム回収・廃棄したと言われるほど封印したい意向でありました。これについては、わたしの気持ちを含め少しずつこちらの投稿で触れています↓
○過去関連記事<スタンリー・キューブリック処女作「恐怖と欲望」がNYで上映決定
○過去関連記事<スタンリー・キューブリック処女作「恐怖と欲望」についてポール・マザースキーのインタビュー(英語サイト)
わたしも実際いまだ複雑な心境でありますが、、、すみません、今回はノラセていただきます(>_<)!

【追記】コメント欄へ情報を提供いただきました。イザワさま、いつもありがとうございます。Blu-rayは日米共通リージョンとありますが、わたくしBlu-ray機を所有しておらず確認できておりません。DVDは米国リージョン仕様のようだし…。

【追記】Kino Lorberがツイートしてました⇒「@KinoLorber: Yes! We can finally confirm that our new DVD/Blu-ray of FEAR AND DESIRE (out 10/23) will also include Kubrick's 1953 short THE SEAFARERS.」。ドキュメンタリー「海の旅人たち/THE SEAFARERS」も収録されているらしい。

「フルメタル・ジャケット」25周年記念ブルーレイ発売【海外】

Category : スタンリー・キューブリックのDVD・BD
図らずも「フルメタル~」ネタが続きます。

映画公開1987年からちょうど25年目に値する本年、「フルメタル・ジャケット」25周年記念ブルーレイが発売される話題。以前から告知されておりますが、日本でのリリース情報を把握しておりませんので今更だったらすみません。今回はマシュー・モディーンによる親書など書物の他、マシューが撮影現場で取った写真を収録した44ページのブルーレイBOOKとして発売。その他、60分と長めのドキュメンタリーや短編、コメンタリーと楽しみな仕様となっております。特典は下記にて↓
fmj.jpg fmj25.jpg
【特典】
■アダム・ボールドウィン、ビンセント・ドノフリオ、
リー・アーメイと評論家/脚本家ジェイ・コックスによるコメンタリー
■ドキュメンタリー「Stanley Kubrick’s Boxes(スタンリー・キューブリックの秘密の箱)」(48分)
■ドキュメンタリー「フルメタル・ジャケット:善と悪の境」(31分)
■予告編
●<フルメタル・ジャケット25th:米Amazon

アメリカでのリリースは8月7日。7月3日からの予約受付? スタンリー・キューブリックリミテッドBOX時のように、日本では遅れてリリースされるのでしょうか。楽しみですね。

【追記】リージョンフリー、字幕:英語、スペイン語、フランス語が収録されている模様。

スタンリー・キューブリックと月面着陸、ドキュメンタリー「キューブリックのオデッセイ」

Category : スタンリー・キューブリックのDVD・BD
アポロが月面着陸をした時期になると、毎年騒がれる鉄板の話題。

その謎へ真正面(?)から突入し、「2001年宇宙の旅(1968年)」及び“スタンリー・キューブリック”について考察したドキュメンタリー作品、「キューブリックのオデッセイ:スタンリー•キューブリックの映画に隠された秘密 第一部:キューブリックとアポロ/Kubrick's Odyssey:Secrets Hidden in the films of Stanley Kubrick Part One: Kubrick and Apollo」をご紹介。
1.jpg 2_20120514224550.jpg
誘うは、作家で監督、そして神秘学者・ジェイ・ウェイドナー/Jay Weidner氏。米国防総省と米航空宇宙局=NASAによる月面着陸(1969年)を偽造と考えるお方で、氏曰く、映画「シャイニング(1980年)」はその秘密故に苦悩するキューブリック(を投影した)の個人的な物語である、んだとか。この切り口はユニーク、わたくしは未見。興味が湧きましたらどうぞ。現在二作目までございますが、最終的には三部作からなる一大スペース陰謀オペラ作品へと発展する予定。月面着陸で討論の際は、是非こちらのDVDで理論武装を。
●<Jay Weidner.com:公式HP
●<Kubrick's Odyssey:Amazon
●<Kubrick's OdysseyⅡ:Amazon

と、一応DVDまでのリンクを貼ったけど、実はその検証動画が「2001年」メイキング的に面白かったのでご紹介しました。YOU TUBEを彷徨えば他にもたくさん出てくるようですね。

●<Kubrick's Odyssey:YOU TUBE
但し注意。この動画を観てしまうと、今後「2001年」を鑑賞するたびにフロント・プロジェクションの“ライン”へ視線が落ちてしまうので、ほんとは観ないことを推奨。


結局、完璧主義故の月面ロケ説が一番ロマンに富んでますね。
謎は深まるばかり('*ω*`)

スタンリー・キューブリック「恐怖と欲望」他ドキュメンタリー作品等4作品ブルーレイ化?!

Category : スタンリー・キューブリックのDVD・BD
またまたサプライズな情報を、当ブログへ来訪頂いた方より頂戴しました。※こちらのコメント欄にて→<マルコム・マクダウェル&レオン・ヴィタリのインタビュー

なんと未ソフト化、又は未公開であるスタンリー・キューブリック初期作品をソフト化(?)と言う話題。海外のサイトでは話題になっているようで、挙げられているタイトルは以下4作品!

~The Early Films of Stanley Kubrick~
「拳闘試合の日/Day of the Fight(1951年)」
「空飛ぶ牧師/Flying Padre(1951年)」
「海の旅人たち/The Seafarers(1952年)」
「恐怖と欲望/Fear and Desire(1953年)」

情報をまとめると、2012年秋、“Kino Lorber”から4作品のブルーレイBOXとしてリリースされるとか。ソフトの仕様や価格は未定。発売するとされるKINO公式サイト等ではまだ公式アナウンスを確認できませんが、どうやら小売業者向けの初期発表に予定が含まれていた模様。上に貼った画像も出回っておりますが、真実であって欲しいですね。いよいよこの時が来たのでしょうか… 今年もまだ上半期にして最大のサプライズかもしれません(*^^*)


情報を提供頂いたイザワさま、いつも本当にありがとうございます!!! 再び歓喜の奇声を道端で発してしまいました^^;

プロフィール

こじか

Author:こじか
こんにちは。邦画洋画を問わず映画ファンである以上に、スタンリー・キューブリックファンであるこじかです。わたくし自身が極めて神経質なネタバレ嫌いのため、作品への記述・画像にも同様の配慮を図り、映画論評も書かないスタンスで進めます。のんびりポジティブに。その他、好きなものも極たまに登場。よろしくお願いします。

スタンリー・キューブリック

投稿タイトルリスト ( ∞ )

↑「月別」表示のみ古い順から閲覧可↑

test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最新コメント

コメントありがとうございます

こじかの諸々

最新トラックバック

キューブリックLINK

普段





















●こじかのオールスター●

スタンリー・キューブリック
今村昌平
岡本喜八
成瀬巳喜男
増村保造
バスター・キートン
POLYSICS
DEVO
Perfume
有頂天
LOVE IS ALL(スウェーデン)
沢田研二
キャンディーズ
千秋
緒川たまき
ドリフ
金八
MMA
Nikon FE
ゴジラ
(順不同)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。