スタンリー・キューブリック「時計じかけのオレンジ」予告編(米&日本版)

Category : スタンリー・キューブリックの動画・イラスト
たまにはこんなんも良いかなぁと、どストレートに予告編動画。

もはや予告編だけで傑作だというスタンリー・キューブリック監督作品「時計じかけのオレンジ」。音楽が猛々しく軽快なだけに余計冷笑的で、一度観たら忘れられません。

●<「時計じかけのオレンジ」予告編:YOU TUBE
現在のハリウッドでは監督に予告編の編集権を持たせないのが一般的。しかしこの予告を観せられると、それがいいのか悪いのかを今一度考えさせられてしまいます。こんなにも野心的なモノを生み出す方もいるわけですよ。素敵な作品もたくさんあるわけですから素敵な予告編ももっともっと観てみたいですよね。

さてさてそして、わたしら日本人にはとっても嬉しいキューブリック印の「時計じかけのオレンジ」日本公開版予告。これまた日本語表記を逆手にとって、直感的で脳裏まで到達する素晴らしさ。これを魅せられると、英語表記がスタイリッシュでカッコイイ、だとかそんなレベルでは論じる事ができません。「機知」「不気味」、そして「興奮」の文字には思わず吹き…、っとダメ押しの「政治」(!)ですからね。日本語版のおどけ加減こそ、作品本編へとリンクするユーモア=可笑しさと言うか。キューブリックによる“直訳返しチェック”の成せる業でしょうか。作品を観ずともこれだけでキューブリック流ミュージカル感が満載ですね。

※コメントがうるさい時は非表示ボタンを。

ちなみに、わたしがこの予告を初鑑賞したのは小学生の頃。レンタルビデオ冒頭に差し込まれていたモノを観て、長年トラウマ的刷り込みがなされていました。当時は当然の如く何の作品だかさっぱりで、てっきりホラー映画、それもなぜだかスティーヴン・キング原作モノの映画「IT(イット)」の予告??、と勝手に記憶を書き換えてしまう時期もありました。なんせ小学生でしたし、それくらい強烈な予告でしたから…。そして後年になって「時計じかけ~」を鑑賞後、“あの予告の映画をイマ観たんだ!!”と気付き、まさにまさに驚愕したものです。しかし、予告が入ってたあのレンタルビデオ。あれは何の作品だったんでしょうか、未だに謎なんです。しかもDVD発売の際、ワクワクで観たのに日本語版が入ってなかったし…。ワーナーさん、何卒よろしくお願いいたします。
関連記事

  

プロフィール

こじか

Author:こじか
こんにちは。邦画洋画を問わず映画ファンである以上に、スタンリー・キューブリックファンであるこじかです。わたくし自身が極めて神経質なネタバレ嫌いのため、作品への記述・画像にも同様の配慮を図り、映画論評も書かないスタンスで進めます。のんびりポジティブに。その他、好きなものも極たまに登場。よろしくお願いします。

スタンリー・キューブリック

投稿タイトルリスト ( ∞ )

↑「月別」表示のみ古い順から閲覧可↑

test

最新コメント

コメントありがとうございます

こじかの諸々

最新トラックバック

キューブリックLINK

こじかのオールスター

スタンリー・キューブリック
今村昌平
岡本喜八
成瀬巳喜男
増村保造
森田芳光
バスター・キートン
ウディ・アレン
ロバート・アルトマン
ミロシュ・フォアマン
ラース・フォン・トリアー
ジェームズ・キャメロン
ポール・バーホーベン
※何でも観ますが大嗜好はユーモア重視。

POLYSICS
DEVO
Perfume
有頂天
P-MODEL
ヒカシュー
戸川純
沢田研二
キャンディーズ
※ニューウェーブとテクノポップ、歌謡曲が好きです。

千秋
緒川たまき
※以上に千秋好き。

ドリフ
金八
MMA
Nikon FE
※この辺熱くなります。

ゴジラ
※元オタク。

(順不同)