スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス・マンチェスターにて小説「時計じかけのオレンジ」50周年催事

Category : スタンリー・キューブリックの催事
更新ボタン押す直前で眠りに落ちてました(^-^*)

アンソニー・バージェスの小説「時計じかけのオレンジ」50周年催事に続き“50歳”催事。
図aaa
イギリス・マンチェスター大学のジョン・ライランズ図書館にて催されるもので、今回も国際アンソニー・バージェス財団が多数の資料を出展。さらに!!、ロンドン芸術大学/University of the Arts Londonのスタンリー・キューブリックアーカイブ/Stanley Kubrick Archiveからも出品提供があるんだとか!(←この大学さんは宝庫らしく投稿時期を未だ足踏み中^^;)これにより、映画関連の撮影スチールや小道具、バージェスとキューブリックがやり取りした手紙などが展示される模様。ロッキングマシンも来場!催事は来年1月27日まで開催。ジョン・ライランズ図書館公式HPトップや“Exhibitions”と記された箇所、バージェス財団HPなどで告知されています。
●<ジョン・ライランズ図書館:公式HP
●<国際アンソニー•バージェス財団:公式HP
●<Fifty Years of A Clockwork Orange:biosciencetechnology.com
○過去関連記事<「時計じかけのオレンジ」原作小説50周年催事およびミュージカル上演

■名称:Fifty Years of A Clockwork Orange
■会場:ジョン・ライランズ図書館
    150 Deansgate, M3 3EH, Tel: 0161 306 0555
■会期:2012年8月20日~2013年1月27日

ここのところ指を加え続けるしかない海外催事、羨ましいなぁ。日本も黒澤・小津・溝口・成瀬・今村&ゴジラあたりの“極まった”無敵連合展を催せば、きっと世界が羨む映画催事の完成だよ(ぇ?会社違うって?)。生半可なものではなく、こう、伝説になるような、そう、五輪開催国並みに文化的国力を魅せ付けるようなものをだね。そして歳とった暁には言いたいじゃないの、「こじかは“あのビッグ催事”へ足を運んだんだよ」と…。「そこにはロマンがあったよ」、と…(もちろん目は潤んでいます

で、個人的には今村&喜八展を希望(*^^*)
関連記事

  

プロフィール

こじか

Author:こじか
こんにちは。邦画洋画を問わず映画ファンである以上に、スタンリー・キューブリックファンであるこじかです。わたくし自身が極めて神経質なネタバレ嫌いのため、作品への記述・画像にも同様の配慮を図り、映画論評も書かないスタンスで進めます。のんびりポジティブに。その他、好きなものも極たまに登場。よろしくお願いします。

スタンリー・キューブリック

投稿タイトルリスト ( ∞ )

↑「月別」表示のみ古い順から閲覧可↑

test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最新コメント

コメントありがとうございます

こじかの諸々

最新トラックバック

キューブリックLINK

こじかのオールスター

スタンリー・キューブリック
今村昌平
岡本喜八
成瀬巳喜男
増村保造
森田芳光
バスター・キートン
ウディ・アレン
ロバート・アルトマン
ミロシュ・フォアマン
ラース・フォン・トリアー
ジェームズ・キャメロン
ポール・バーホーベン
※何でも観ますが大嗜好はユーモア重視。

POLYSICS
DEVO
Perfume
有頂天
P-MODEL
ヒカシュー
戸川純
沢田研二
キャンディーズ
※ニューウェーブとテクノポップ、歌謡曲が好きです。

千秋
緒川たまき
※以上に千秋好き。

ドリフ
金八
MMA
Nikon FE
※この辺熱くなります。

ゴジラ
※元オタク。

(順不同)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。