スタンリー・キューブリック展行路~帰国の日~

こじか

こじか

※事後投稿分※

滞在4日目、帰りの朝。

朝ご飯は有料らしく、と言うか朝起きるのが遅かったためシェラトンゲートウェイホテルが運行している無料の空港行きシャトルバスにそのまま乗車。ホテルの車寄せ横にバス停があり、旅行者の方がたくさん居たので迷う事はなかった。乗車前に運転手さんがひとり一人どこで降りるかを尋ねてくれて安心。
IMG_2581.jpg IMG_2586.jpg
飛行場に到着。出発口にはお土産屋さんや免税店が多数。飛行機出発まで余裕があったので、搭乗口横のカフェ&カウンターバーで朝食兼昼食。危うくチップを忘れる寸前、ここもまだ米国なのだ。
DSC01987.jpg DSC01995.jpg
帰路はアメリカ~カナダ上空を飛行しておりその広大さに驚く。果てしなく続く巨大な雪山群は「生きてこそ」のあのシーンを彷彿とさせ戦慄。上記写真以降、地上を見下ろすと真っ白になってしまった。飛行機の中ではスタンリー・キューブリック展の写真をひたすら見返し、「スタンリー・キューブリック ライフ・イン・ピクチャーズ」を鑑賞。真横の席が空席で助かった、またぽろぽろ泣いた。涙腺ゆるすぎ。
DSC01992.jpg IMG_2588.jpg
少し寝た後に機内食。夕飯なのかな、既に時間設定がわかんなくなってる。朝からずっとお酒がお供。
関連記事
Posted byこじか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply