ジャック・ニコルソン述懐「シャイニング」撮影時のプレイボーイぶり

こじか

こじか

スルー記事から掘り出し再開。
Shining-l.jpg
以前のテリー・セメル氏インタビューにも登場していたジャック・ニコルソン「シャイニング」撮影時の夜遊び。本人が「仕事と夜遊びの両立」について改めて語っています。日本ではマイナビニュースさんがフォロー。(この手のプライベートモノは避けたいのですが、あまりに痛快なので)キューブリック絡みの発言のみ、以下一部抜粋。

“1980年の『シャイニング』の撮影時とは大違いだったね。当時私は、地球上で一番好きな都市であるロンドンに住んでいたんだ。監督のスタンリー・キューブリックが毎シーンごとにたくさんのテイクを撮るから、17週間だったパインウッド・スタジオでの撮影スケジュールが47週間にまで延びたんだよ。そこで私は「よし、全ての女性に見せつけなくちゃ。一番タフな監督と仕事をしているってね。そしてロンドンの町に毎晩繰り出してパーティするんだ」って考えてたわけさ”
●<ジャック・ニコルソン語る「女性のヒモになる人生はバッド・エンディング」:マイナビニュース

コレほんとに毎晩だったらしく、「仕事ばかりで遊ばない。ジャックは今に気が狂う」からは想像もつかない夜遊びっぷりだったとか。事実、キューブリックは「仕事に集中してほしい...」と落ち着かなかった様子で、しかもこれがよっぽどトラウマ化したのか、「アイズ ワイド シャット」キャスティングの際には「スター俳優を使うと(もしかして)また…」と難色を示すほどであったらしい。トム、とばっちり^^; 

尚、いまは夜遊びの体力も残っていないよと語るジャック・ニコルソンですが、数年前には英・マキシム誌の「SEXの生きる伝説/Top 10 Living Legends of Sex」として余裕と貫禄のTOP 10入りを果たしています。
関連記事
Posted byこじか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply