米NY・IFCセンターにてスタンリー・キューブリック全作品上映

こじか

こじか

キューブリックの話題が尽きないようですが、なかなかPCに向かう時間がございません。そんな中、TSUTAYAカードの更新案内ハガキに釣られ案の定DVD数本を借りてしまいました。しかもこのタイミングで「デカローグ」(2度目)、ちょっと無謀過ぎたと反省中です。諸々の情報をまとめる暇がないので軽めの投稿、上映案内。
ifc.jpg
アメリカ・ニューヨークのIFCセンターにてスタンリー・キューブリック全作品上映が行われるとのころ。こちらの上映でも「恐怖と欲望(1953年)」が登場し、今回は「A.I. ARTIFICIAL INTELLIGENCE(2001年)」にまで及び全14作品を一挙上映。「恐怖と欲望」が普通に映されてしまう時代へと突入したんでしょうか。ん、、、羨ましいな(半分複雑)。
このキューブリック作品上映は3月20日〜28日まで。実は3月29日からのドキュメンタリー映画「ROOM 237」上映へと繋がるんですって。そう言えばこの作品の日本公開ってどうなんでしょう。相乗りで「シャイニング」とセット上映とかしてくれないだろうか(最近妄想癖)。
●<THE FILMS OF STANLEY KUBRICK:IFC Center公式HP

ちなみにIFCセンターと改称・改装される前、こちらの劇場こそ「ロッキー・ホラー・ショー」参加型鑑賞 発祥の地なんだとか。これは熱い!!3月後半、ニューヨークへ向かわれる方はぜひ「夢になりなさい!!♪」
関連記事
Posted byこじか

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply