スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタンリー・キューブリック処女作「恐怖と欲望」日本公開決定

Category : スタンリー・キューブリックの放送・上映
昨日よりこじか大困惑、
なんとも衝撃の一報…
skm.jpg
日本国に於いて、スタンリー・キューブリック初監督作品「恐怖と欲望/Fear and Desire(1953年)」が上映されるとのこと。公開は5月3日(金)、劇場はオーディトリウム渋谷。以降、全国順次公開だとか。シネマトゥデイさん他、国内サイトで取り扱われています。
●<「恐怖と欲望」日本公開:シネマトゥデイ
●<「恐怖と欲望」日本公開:シネマトリビューン
●<「恐怖と欲望」日本公開:CDジャーナル
●<「恐怖と欲望」日本公開:ぴあ映画生活

アメリカ等でのTV放映・劇場公開・ソフト化●<過去の投稿参照※PC表示のみ>へは自然と憧憬の眼差しを送れましたけど、いざ目の前(=日本)に迫り来ると戸惑いが先に来てしまいました。「恐怖と欲望」はキューブリック自身がフィルムを買い占めるレベルで封印した作品。これが各報道で煽り表現と化しているのは何とも皮肉な話しです。も~自分でも考え過ぎだよ~ってツッコミ入れておりますが、情報に触れた瞬間の率直な気持ちは想像していた以上に寂しさ9割。ま、各人の自由意志ということで、神経質な映画ファンこじかは気の赴くままに細々と悩んでおきます(_ _;)

週末は何となく、「A.I.」でも観よっかな(逃避
関連記事

  

プロフィール

こじか

Author:こじか
こんにちは。邦画洋画を問わず映画ファンである以上に、スタンリー・キューブリックファンであるこじかです。わたくし自身が極めて神経質なネタバレ嫌いのため、作品への記述・画像にも同様の配慮を図り、映画論評も書かないスタンスで進めます。のんびりポジティブに。その他、好きなものも極たまに登場。よろしくお願いします。

スタンリー・キューブリック

投稿タイトルリスト ( ∞ )

↑「月別」表示のみ古い順から閲覧可↑

test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最新コメント

コメントありがとうございます

こじかの諸々

最新トラックバック

キューブリックLINK

普段





















●こじかのオールスター●

スタンリー・キューブリック
今村昌平
岡本喜八
成瀬巳喜男
増村保造
バスター・キートン
POLYSICS
DEVO
Perfume
有頂天
LOVE IS ALL(スウェーデン)
沢田研二
キャンディーズ
千秋
緒川たまき
ドリフ
金八
MMA
Nikon FE
ゴジラ
(順不同)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。