スタンリー・キューブリック展in韓国ソウル、気の早い旅の計画書で勝手に背中を押す企画

Category : 未分類
人生2冊目となる「地球の歩き方」を購入しました^^
もちろんスタンリー・キューブリック展行きソウル篇。
例え一瞬であっても、”行きたい!”と思うその心を応援します(←自分の)。

前回のロサンゼルス渡航では3泊5日でキューブリック展3日間。本当に足りなかったので2日分追加想定の5泊6日、韓国版に置換えた行動予定を組んでみました。今回は現金に体を張るお話しまで。
DSCF2701.jpg
1日目:空港とキューブリック展
2日目:キューブリック展と睡眠
3日目:キューブリック展と睡眠
4日目:キューブリック展と睡眠
5日目:キューブリック展と睡眠
6日目:キューブリック展と空港

飛行機代:25,000円(羽田-韓国金浦空港の往復)
宿泊費 :30,000円(6,000円×5泊)
飲食代 :15,000円(2,500円×6日分程)
他交通費: 1,500円(国内・自宅-羽田往復)
他交通費: 1,000円(国外・空港-ホテル地下鉄往復)
 合 計:72,500円!!!!!!

[プランの解説]フライトには時間効率を考慮し上記拠点を利用。これだと飛行場から宿泊目標エリアまで、地下鉄で片道400円もしないらしい。移動時間も40分程度。宿泊先はキューブリック展から徒歩圏内の安い施設を想定。10時―20時でキューブリック展に居れば実質的に寝るだけだし、他に行きたいところやグルメ&ブランド品にも興味がないし。飲食費は1日2,000円あれば充分なんだとか。あとお土産を買うならプラス1万円程。そして予備費に若干か、、、まぁ恐らく使う場面がないからクレジットカードさえあれば現金を持ち歩かなくて済む。
ただ一番慎重になるのは、各国で開催規模(展示内容)が若干ずつ違うスタンリー・キューブリック展、韓国ソウル開催がどれほどの規模になるのかってこと。国内でさえ都市部で開催されたデパート展示がローカルへ移りスカスカ展示形式になる実際、ヨーロッパ各国での開催とは運搬費だけでも相当な違いがあるでしょうし。。。一応開催場所のSeMAは市立美術館なので頑張って欲しいと願う。あと欧米の開放的だった写真撮影フルOKも是非お願いします。

さて、開催は2015年11月から2016年2月(※こちら参照⇒●<スタンリー・キューブリック展、韓国・ソウルにて開催>)ですので、今日から丸1年と半月間は準備期間に使えます。トータルコストは都心から九州・北海道へ帰郷するノリですね。旧友たちに久し振りに会えば飲み屋の一軒や二軒行くでしょうし^^ そんな感じ。一年がかりのへそくりか、パート・アルバイトか、はたまた短期決戦でWワークか!? いやこれから3度は来るであろうボーナス一括払いという手もイメージしてください。

あとはナ・ホンジンの映画で初めての韓国社会を学び(ぐぅぅうわぁああ怖ぇええ!!!)、来年2月から10月のキューブリック展空白期間に日本東京開催がサプライズエントリーされることを皆で祈りましょうヽ(´▽`)ノ では。


 【お知らせ】たま〜にUPする未だに仕上がらない追加投稿^^;
  ●<スタンリー・キューブリック展5「LOOK/レンズ/ポスター」オープンフロア
関連記事

  

プロフィール

こじか

Author:こじか
こんにちは。邦画洋画を問わず映画ファンである以上に、スタンリー・キューブリックファンであるこじかです。わたくし自身が極めて神経質なネタバレ嫌いのため、作品への記述・画像にも同様の配慮を図り、映画論評も書かないスタンスで進めます。のんびりポジティブに。その他、好きなものも極たまに登場。よろしくお願いします。

スタンリー・キューブリック

投稿タイトルリスト ( ∞ )

↑「月別」表示のみ古い順から閲覧可↑

test

最新コメント

コメントありがとうございます

こじかの諸々

最新トラックバック

キューブリックLINK

普段





















●こじかのオールスター●

スタンリー・キューブリック
今村昌平
岡本喜八
成瀬巳喜男
増村保造
バスター・キートン
POLYSICS
DEVO
Perfume
有頂天
LOVE IS ALL(スウェーデン)
沢田研二
キャンディーズ
千秋
緒川たまき
ドリフ
金八
MMA
Nikon FE
ゴジラ
(順不同)