河出書房新社・新潮文庫「ロリータ/ウラジミール・ナボコフ著」(原作小説)

Category : スタンリー・キューブリックの本/書籍・アプリ
なんだか全然更新してないなぁーと思い、久し振りに書籍なんか紹介してみる。実は書籍カテゴリの更新って2年振りなんですね、、、ぼちぼち洋書買ったりしてるんですが怠けてます。。。
IMG_1207.jpg IMG_1208.jpg
さて、原作本紹介も6本目ってことで、スタンリー・キューブリック長編作品6本目である「ロリータ(1962年)」の原作本ウラジミール・ナボコフの「ロリータ/LOLITA(1955年)」をご紹介。
ロシア生まれの米国人(帰化)、ウラジミール・ナボコフが初めて英語で書いた作品で、第1部・第2部から成る長編として1954年に完成。が、当時アメリカの企業はどこも出版を拒み、結局翌1955年にパリの出版社から英語版を刊行、発禁処分を受けたそうで。1958年にはアメリカの出版社からも発売されベストセラーになり、他世界で物議と度重なる発禁を受けながら今に至ります(ざっくり)。
IMG_1212.jpg IMG_1213.jpg
日本では1959年2月に河出書房新社から「ロリータ 上・下巻/大久保康雄(の名義で実際は高橋豊とのこと)」が初の刊行。わたしが所有しているのは映画「ロリータ」公開年である1962(昭和37)年7月初版のモノ。定価は280円。カバーの無いペーパーブック形式の書籍で、表紙には映画のポスターイメージが採用されています。ピンクを基調とした表紙や表4面のスー・リオンが、ペーパーブックということもあり洋書っぽい雰囲気を醸してくれます。中を開くと映画のスチールグラビアが4ページ分。ここもドロレス嬢推し。中身は、はしがき、第一部、第二部、翻訳者による解説(あとがき)が掲載されています。
IMG_1210.jpg IMG_1216.jpg
そして、もう一冊所有しておりますのが1980年5月に刊行された新潮文庫版「ロリータ」。定価743円税抜。中の構成は、はしがき、第一部、第二部、ナボコフによる1956年のロリータ評論「ロリータについて」、翻訳者による解説(あとがき)。ナボコフ自身によるロリータ評論が記されているのは有り難い。また、翻訳者名義は先の書籍と同じく大久保康雄で、この本の巻末にも1959年2月河出書房新社から刊行されたものである旨が記されていますが、2冊を比較すると”はしがき”から”翻訳者による解説(あとがき)”に至るまでかなりの修正が加えられています。特に小説本文は随分異なる印象になっており、これ、誤訳への批判から同出版社から改訳版が出された経緯によるものとのこと。恐らく1959年版も誤訳対応の改訳版で、1980年版は更なる手直しが行われたらしい。
結局、2005年に若島正氏による新訳版が新潮社から出版されており、もしかするとこれから読まれる際にはこちらの方が好ましいのかも知れない。
●<「ロリータ」1980年刊行版・河出書房新社:amazon
●<「ロリータ」2005年刊行若島正訳・新潮文庫:amazon
尚、1939年に書かれた「ロリータ」の原型とされる作品があり、日本では1991年に河出書房新社が「魅惑者/露:Volshebnik (Волшебник)、英:The Enchanter」というタイトルで刊行している。しかし、存命中のナボコフとしては草稿だったのか未発表作品として扱われており、日本wikiへ誰かが記した1939年にパリで出版されたというのは間違いのようである。こちらもご興味があれば。
●<「魅惑者」河出書房新社:amazon

IMG_1206.jpg IMG_1217.jpg
今年に入りPC壁紙をスー・リオン嬢にしていたところ、同僚から「そう言えば壁紙ロリータでしたよね!」と切り込まれ、久し振りに思いがけない映画話しに沸いてしまいました。彼は「アイズ ワイド シャット」が大好きだったらしく、しかも同席者がベルイマン好きだったこともあり、シュニッツラー原作繋がりでマックス・オフュルスの話題にまで発展するキューブリックループとなり、次に出してきたのがホドロフスキーだったので最終的にカルト映画大会で「フォービデン・ゾーン」にまで話題が及ぶという悪ノリも(笑) あぁ映画観たい、、、

さ、今回は更新対策の投稿なので読み直しをせず、こんな本あるよーレベルの投稿でご勘弁を。今回みたいにライトな感じの書籍紹介ができれば数十回分は更新できるんですけど、また気が向いた時にサラッとやりまーす。では。
関連記事

  

プロフィール

こじか

Author:こじか
こんにちは。邦画洋画を問わず映画ファンである以上に、スタンリー・キューブリックファンであるこじかです。わたくし自身が極めて神経質なネタバレ嫌いのため、作品への記述・画像にも同様の配慮を図り、映画論評も書かないスタンスで進めます。のんびりポジティブに。その他、好きなものも極たまに登場。よろしくお願いします。

スタンリー・キューブリック

投稿タイトルリスト ( ∞ )

↑「月別」表示のみ古い順から閲覧可↑

test

最新コメント

コメントありがとうございます

こじかの諸々

最新トラックバック

キューブリックLINK

こじかのオールスター

スタンリー・キューブリック
今村昌平
岡本喜八
成瀬巳喜男
増村保造
森田芳光
バスター・キートン
ウディ・アレン
ロバート・アルトマン
ミロシュ・フォアマン
ラース・フォン・トリアー
ジェームズ・キャメロン
ポール・バーホーベン
※何でも観ますが大嗜好はユーモア重視。

POLYSICS
DEVO
Perfume
有頂天
P-MODEL
ヒカシュー
戸川純
沢田研二
キャンディーズ
※ニューウェーブとテクノポップ、歌謡曲が好きです。

千秋
緒川たまき
※以上に千秋好き。

ドリフ
金八
MMA
Nikon FE
※この辺熱くなります。

ゴジラ
※元オタク。

(順不同)