キューブリック×トンプソンの未完作品「Lunatic at Large」発掘の話題

Category : スタンリー・キューブリックの話題
古い情報ですが今さらアップ(と言うか重複してたらお恥ずかしい)。
2.jpg jim_20110725000129.jpg
スタンリー・キューブリックと(「現金に~」「突撃」の脚本を扱った)小説家ジム・トンプソンが50年代に執筆し、60年代に製作へ着手するも頓挫していた作品「ルナティック・アット・ラージ/Lunatic at Large」(トンプソンのwikiでは"1958年"とある)。行方不明になっていたこの作品の脚本を、キューブリックの義理の息子(キューブリックの長女カタリーナの夫)に当たるフィリップ・ホッブス氏が遺品の中から発見したとのこと。精神病院から抜け出した殺人犯を巡るニューヨークを舞台とした物語らしく、報道によると”線路上でのカークラッシュや気味の悪い山小屋でのラブシーン、夜のカーニバルシーン等”が存在する模様。

発見されたのは1999年頃とされ、2006年にはイギリスのテレビ監督クリス・パルマーによって映画化されるとも報じられたことも。それが最近はぱったり何も聞きませんねぇ。また、2010年にはスカーレット・ヨハンソンとサム・ロックウェルの出演により製作が進んでいるという情報も。
3552000_1189.jpg imagesCAO1PPZ2.jpg ←スカーレット&サム
<シネマトゥデイ・スタンリー・キューブリック監督の「失われた」脚本が、死後11年ぶりに映画化へ>より
英語のサイト⇒<Johansson to star in lost Kubrick whodunnit

続報こないかなぁ、これほんと観たいよ・・・。
どうせなら素敵な監督さんによる演出でね。
関連記事

  

プロフィール

こじか

Author:こじか
こんにちは。邦画洋画を問わず映画ファンである以上に、スタンリー・キューブリックファンであるこじかです。わたくし自身が極めて神経質なネタバレ嫌いのため、作品への記述・画像にも同様の配慮を図り、映画論評も書かないスタンスで進めます。のんびりポジティブに。その他、好きなものも極たまに登場。よろしくお願いします。

スタンリー・キューブリック

投稿タイトルリスト ( ∞ )

↑「月別」表示のみ古い順から閲覧可↑

test

最新コメント

コメントありがとうございます

最新記事

今月は北海道で暮らしてます。
「シャイニング」FUNKO POP! 双子のグレディ姉妹フィギュア
「シャイニング」FUNKO POP! ウェンディ・トランスのフィギュア
「シャイニング」FUNKO POP! ダニー・トランスのフィギュア
「シャイニング」FUNKO POP! ジャック・トランスのフィギュア
「2001年宇宙の旅」メビウス/ムーンバスのプラモデル完成品・その2
「2001年宇宙の旅」メビウス/ムーンバスのプラモデル・その1
ヒカシュー×POLYSICS La.mama 36th anniversary「PLAY VOL.56」セットリスト
「2001年宇宙の旅」ボーマン船長のフィギュア
着せ替えMr.フリーズさんフィギュア。
Mr.フリーズのフィギュアがクールパーティな件。
「時計じかけのオレンジ」のテレホンカード

こじかの諸々

最新トラックバック

キューブリックLINK

こじかのオールスター

スタンリー・キューブリック
岡本喜八
今村昌平
成瀬巳喜男
増村保造
森田芳光
バスター・キートン
ウディ・アレン
ロバート・アルトマン
ミロシュ・フォアマン
ラース・フォン・トリアー
ジェームズ・キャメロン
ポール・バーホーベン

POLYSICS
有頂天
DEVO
P-MODEL
ヒカシュー
戸川純
Perfume
沢田研二
キャンディーズ

千秋
緒川たまき

ドリフ
金八
MMA
Nikon FE

ゴジラ

(順不同)

20120928/20111029