スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WOWOWが元旦からスタンリー・キューブリック特集(6作品)

Category : スタンリー・キューブリックの放送・上映
ついでにこちらもUP。
WOWOWさんで“巨匠 スタンリー・キューブリックの世界”として6作品がオンエアされるとのこと。なんと2012年元旦から「アイズ ワイド シャット」でスタートですよ、もー日本はいい国!!! しかも久し振りの登場じゃないかなぁ、[米国公開版]です。元日から4日までなので、仕事お休みの方は堪能してください。オンエアされる6作品は以下↓
 1月1日(日)22:45~「アイズ ワイド シャット[米国公開版]」
 1月1日(日)25:30~「突撃」
 1月2日(月)23:00~「フルメタル・ジャケット」
 1月2日(月)25:00~「現金に体を張れ」
 1月3日(火)23:05~「ロリータ」
 1月4日(水)23:00~「バリー・リンドン」

Image1_20111201024243.jpg
WOWOWホームページ> <WOWOWの特集ページ
どう選んでも素敵なんですが、この不意打ち的なラインナップがまた素敵ですね。「アイズ~」で始まり「バリー」で締めちゃうとは(愛) 
ちなみに「アイズ~」の[米国公開版]とは、ある過激描写をCGや合成などで“隠している”バージョンで、通常版にはいなかった“人”が何名かデジタル処理で足され増えてます。159分という作品の尺やその他編集~台詞面での差異はございません。この修正はキューブリック没後、アメリカの興行的都合により修正を加えられましたのでワーナー社への批判もあがりましたが、後にワーナーが“(NC-17指定(17歳以下鑑賞禁止)を避けるための)会社としての方針である”旨を発表しています。その結果、NC-17指定よりもゆるいR指定で公開。興行的ダメージを回避したというわけです。また、生前のキューブリックも修正の可能性に言及していたという説や、キューブリック擁護のトム・クルーズによる前向きな見解もありました。残念ながら遺族からの見解は目にした事がありません。いずれにせよキューブリックが最終確認していないバージョンなのですが、確か日本ではWOWOWでしか拝めないのではなかったかな??(最近のブルーレイとかに入ってるのかな??) その意味では貴重なオンエアです。

それにしても、たくさんオンエアされるってファンとしては純粋に嬉しいですね。WOWOWさんありがとう!
関連記事

  

プロフィール

こじか

Author:こじか
こんにちは。邦画洋画を問わず映画ファンである以上に、スタンリー・キューブリックファンであるこじかです。わたくし自身が極めて神経質なネタバレ嫌いのため、作品への記述・画像にも同様の配慮を図り、映画論評も書かないスタンスで進めます。のんびりポジティブに。その他、好きなものも極たまに登場。よろしくお願いします。

スタンリー・キューブリック

投稿タイトルリスト ( ∞ )

↑「月別」表示のみ古い順から閲覧可↑

test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最新コメント

コメントありがとうございます

こじかの諸々

最新トラックバック

キューブリックLINK

普段





















●こじかのオールスター●

スタンリー・キューブリック
今村昌平
岡本喜八
成瀬巳喜男
増村保造
バスター・キートン
POLYSICS
DEVO
Perfume
有頂天
LOVE IS ALL(スウェーデン)
沢田研二
キャンディーズ
千秋
緒川たまき
ドリフ
金八
MMA
Nikon FE
ゴジラ
(順不同)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。