スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌「月刊スターログ日本版第26号」のスタンリー・キューブリック特集

Category : スタンリー・キューブリックの本/書籍・アプリ
手元にあるキューブリック関連物を紹介しようかなぁと思うのですが、今回はなぜか突然に「月刊スターログ/日本版第26号」。以前古本で発見して購入したモノです。1980(昭和55)年12月1日発行号とありますので、実はわたくしよりも人生の先輩なんです…。「スターログ」って今じゃ休刊中ですし、若い世代の方はまったく知らない雑誌かもしれません。事実わたしも1999年の新装刊時に存在を知りました(これはまた別のお話し…)。スターログの詳細はこちらで⇒<Wiki:スターログ
sta.jpg
さて、こちらの「スターログ/NO.26」には“断固支持特集:スタンリー・キューブリック”なる記事がございます。「シャイニング」の日本公開が1980年12月13日(土)とありますので、映画公開直前の特集と言うわけですね。

特集最初の1ページのみカラーで、後はすべてモノクロ紙面、全12ページ。モノクロページの冒頭には監督:大林宣彦による短めのコラム。公開間近であった「シャイニング」他、さすがSF映画雑誌ですね、「時計じかけのオレンジ」」「2001年宇宙の旅」「博士の異常な愛情」のSF3作品をそれぞれ写真を主体とした見開きで紹介しています。ここでは倉本聰や木村恒久、先ごろ石井岳龍へと改名した石井聰亙、ジョージ・ルーカスらによる一言コメントも配されています。

最後に井口健二氏による「キューブリック評判記」が2ページ。新聞・雑誌などの各メディアがスタンリー・キューブリック作品(特に2001年)を観て“どう書いたか”について。しかし“どう書いたか”と言っても“モノリス”の名称を“当時の媒体がどう呼称表記したか”等について熱く語っており、「学研の高1コースだけは“黒い立方体”と表現していた」なんておどけたような記事でもあります。 取り上げられた媒体は幅広く、新聞、キネマ旬報、女性自身、クロワッサン、JJ、そして“りぼん”まで…。このデータ収集には脱帽します(笑) 
IMG_1509.jpg
一番の収穫は上図の大友克洋によるコメント。「キューブリックの若い時からある眼の下の隈が好きです。」 笑えるようで深い?ズレているようでズレてない?コメントです。 この本、ヤフオクなんかじゃ結構出品されていますので、ご購入の際は参考に。
関連記事

  

プロフィール

こじか

Author:こじか
こんにちは。邦画洋画を問わず映画ファンである以上に、スタンリー・キューブリックファンであるこじかです。わたくし自身が極めて神経質なネタバレ嫌いのため、作品への記述・画像にも同様の配慮を図り、映画論評も書かないスタンスで進めます。のんびりポジティブに。その他、好きなものも極たまに登場。よろしくお願いします。

スタンリー・キューブリック

投稿タイトルリスト ( ∞ )

↑「月別」表示のみ古い順から閲覧可↑

test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最新コメント

コメントありがとうございます

こじかの諸々

最新トラックバック

キューブリックLINK

普段





















●こじかのオールスター●

スタンリー・キューブリック
今村昌平
岡本喜八
成瀬巳喜男
増村保造
バスター・キートン
POLYSICS
DEVO
Perfume
有頂天
LOVE IS ALL(スウェーデン)
沢田研二
キャンディーズ
千秋
緒川たまき
ドリフ
金八
MMA
Nikon FE
ゴジラ
(順不同)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。