スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角川文庫「フルメタル・ジャケット/グスタフ・ハスフォード著」(原作小説)

Category : スタンリー・キューブリックの本/書籍・アプリ
例の通りわたしのネタバレ嫌いに則って、レビューならぬ紹介投稿。

映画「フルメタル・ジャケット(1987年)」の原作であるグスタフ・ハスフォード/Gustav Hasfordの小説、原題「ザ・ショート・タイマーズ/The Short Times(1979年)」です。原題は短期除隊兵または短期応召兵の意で、日本では映画のタイトルに合わせて「フルメタル・ジャケット」として1986(昭和61)年3月、角川文庫から出版されています。著者ハスフォードは、実際に軍事ジャーナリストとして戦地へ赴いたベトナム帰還兵。この作品が処女作です。邦訳は高見 浩氏。訳者あとがきには“本年末の(映画)公開を目ざして製作進行中”とありますので、日本では当時の程好い頃に発売されたわけですね。嫌味のない日本語表現はかなり読み易いものでした。

スタンリー・キューブリックは、愛読していた書評誌“カーカス・レビュー”で1982年にこの本を発見。<カーカス・レビューのリンク> 「シャイニング」以降、戦争映画の構想を相談していたマイケル・ハーに脚本を依頼し、原著者ハスフォードも交え三人で添削をし合ったとか。ただ、キューブリックとハーが主立って進めていたようで、ハスフォードは少し違和感を感じつつ参加していた様子。事実、ハスフォードはキューブリックと一度しか会っていないらしい。

尚、やはりネタバレは書きたくありませんが、実際に撮影されたけれどカットされたと言う“幻”のシーンも小説内でおおよそ掴むことが出来ます。

実体験を素に“創られた”戦争小説ではありますが、スタンリー・キューブリック作品の原作モノの中ではかなり読み易い部類だと思います。全280ページとボリューム的にもあっという間に読み終える本ですので、ご興味が湧きましたら是非書店~Amazonなどへ。
Amazon⇒<フルメタル・ジャケットのAmazon頁
関連記事

  

プロフィール

こじか

Author:こじか
こんにちは。邦画洋画を問わず映画ファンである以上に、スタンリー・キューブリックファンであるこじかです。わたくし自身が極めて神経質なネタバレ嫌いのため、作品への記述・画像にも同様の配慮を図り、映画論評も書かないスタンスで進めます。のんびりポジティブに。その他、好きなものも極たまに登場。よろしくお願いします。

スタンリー・キューブリック

投稿タイトルリスト ( ∞ )

↑「月別」表示のみ古い順から閲覧可↑

test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最新コメント

コメントありがとうございます

こじかの諸々

最新トラックバック

キューブリックLINK

こじかのオールスター

スタンリー・キューブリック
今村昌平
岡本喜八
成瀬巳喜男
増村保造
森田芳光
バスター・キートン
ウディ・アレン
ロバート・アルトマン
ミロシュ・フォアマン
ラース・フォン・トリアー
ジェームズ・キャメロン
ポール・バーホーベン
※何でも観ますが大嗜好はユーモア重視。

POLYSICS
DEVO
Perfume
有頂天
P-MODEL
ヒカシュー
戸川純
沢田研二
キャンディーズ
※ニューウェーブとテクノポップ、歌謡曲が好きです。

千秋
緒川たまき
※以上に千秋好き。

ドリフ
金八
MMA
Nikon FE
※この辺熱くなります。

ゴジラ
※元オタク。

(順不同)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。